テーマ:里山ライフ

久しぶりの雨がくれたもの

しばらく乾燥した天気が続き、砂埃が気になっていた今日この頃ですが、ようやく雨が降りました。 強い風を伴って、時折、音を立てて雨が降り、いくらか地面も湿っぽくなったかもしれません。 片付けをしながら、ふと窓の外へ目を見やると、東の空がうっすらと紫っぽくなり、月のあかりが透けて、黒い雲が勢いよく、右から左へと流れてゆきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の片鱗

子どものころ、輝く月の明るい部分の他に、まったくそうではない暗い部分を初めて認識したとき、なんだか胸騒ぎがしたことを思い出しました。 それからというもの、冷たく蒼い輝きよりも、うっすらと見える、これから輝く、あるいはすでに輝きを失った部分が目につくようになりました。 このあいだ、窓の外がやけに明るいので西側のカーテンを開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カットされた材料が、カタチになったとき

考案から設計、材料の選定、拾い出し、購入、カット、組み立て、仕上げのニス塗り。 これらの過程を経て、ひとつの木工細工が仕上がりました。 出来たのは、『パソコンデスク』。 見た目にシンプルで飽きの来ないデザインに仕上げたつもりですが、いかがでしょうか??? 『ふっつかよいファーム』の畑での撮影、まるで木もれ陽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

充電バッテリー、その中身

充電バッテリーのケースを開けてみると、中身は意外にシンプルでした。 構成部品は画像のもののみ、バッテリーのセル(電池)はSANYO製のものが10本でした。 +と-の電極のタブがはんだでつながれ、見た感じはまるでダイナマイトみたいですね。 このセルを各部品から外して、あたらしいセルとつなぎ合わせ、再びケースに収める、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

澄んだ冷たさの中で

バルコニーの軒先にランタンを二つ提げてみました。 漆黒の夕闇の中に懐かしいような、遠い日を思うような、なんとも温かな空間が生まれました。 このランタン、 奥は灯油式。 手前はなんとキャンドルなのですが、遜色ナシですね。 周りに家も街灯もないところなのでこの灯りのゆらぎがとても映えて、なんとも言えない異空間を演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電工道具のメンテナンス

木工や家の修理などをするのに欠かせない道具の一つ、『インパクトドライバー』。 いまどきはニッケル水素電池2個付きのプロ仕様が4万円前後で販売されています。この値段、安くはないですよね。写真の約15年前のシロモノでも当時電池2個付きの業者価格で38000円でした。 本体はなかなか壊れないものですが、肝心なのは充電池。いま、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

材料を切って組み立てる

材料を切って一部組み立ててみました。 同じ形のものがふたつ。 はて、いったいなにに? ヒントは、ひ・み・つ・(笑) 山善(YAMAZEN) サイバーコム シンプルデスク(幅120奥45) ナチュラルメイプル MCP-1245(NM/IV)山善 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

材料をカットしました

買ってきた材料を写真のようにカットしました。 ジョイフルホンダの工作室?でカットしていただくと、1カット50円でとても正確な寸法で切ってくれますが、自分が持っている丸ノコで、せっせと寸法を測ってカットするのも、DIYの醍醐味ですね。 さてさて、これらの材料はなにになるのでしょうか? お楽しみに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑パパが木こりになったとき

このあたりには『マテバシイ』という名のブナ科の常緑広葉樹が繁茂しています。 伝え聞いたところによると、公害に強いとか、葉っぱは脂分が多いので近くで火を燃やすな、とか。 小学生の頃、新日鉄の周りに植えるとかで、その実をドラム缶にたくさん集める行事があった記憶があります。 先日、このあたりのマテバシイの木を、畑パパが伐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイセンの美しい姿

この写真は昨年のものですが、このあたりでもちらほら、この素敵な花が咲き始めました。 近くに行くと明らかにスイセンの香りが漂っていて、咲いていることを思い出させてくれます。 この時期のスイセンは、ほんとに素敵ですね。 ニホンスイセン P10.5cm 50本セット 送料無料 【あす楽対応】トオヤ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012年 ことしも『ふっつかよい』をよろしくお願い致します。

2011年は、いろいろな意味で日本中が大変な思いを感じた年だったように思います。 『3.11』は、忘れがたい出来事になりました。 今までに経験したことのない大きな揺れ、目の当たりにした津波の被害、人々の苦しみ、生活への打撃、精神的感情的損失、失われた無数の命、亡失されたこころ。 年が変わるからといって何かを期待でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふっつかよいファームに訪れる、輝きと鳥のさえずりと

写真を撮るまでは、あまり気が付かなかった光景も、いろいろ観察したり、時間をとって接していくと、意外と身近なところに素敵な風景があることに気づきます。 この季節、朝陽が昇るころ、鳥たちのさえずりが聞こえ始め、少し高いところにはカラスが、さらにその上にはトンビらしき鳥がゆっくり飛び始めているのが見えます。 夏よりも弱いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイルを貼り替えてみよう

以前、お風呂の床に、やっつけでタイルを貼ってありましたが、勾配がうまく取れていないのと、冷たいのとで、ずーっと気になっていたので、貼り替えようと思いつつも数ヶ月たってしまいました。 今日は、排水の部分を修正し、後日、床面のタイルを貼る予定です。 床が冷たいので、『スタイロフォーム』の代わりに、スーパーからいただいてきた発…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新春の香り、放つ

冬になったばかりなのに、春の訪れには気が早い感じですが、実は季節は、早くも巡ってきています。 それをいち早く知らせる花、『水仙』。 この清楚な佇まいに、静かな美しさに目が向きます。 里山は、新しい春に向かって、少しずつ、冬を越えます。 花キューピットでお届け赤い花のギフト税込手数料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛ふんパワー

今朝、用事があって、近所を走っていると、とある畑の脇に牛ふんが下ろしてありました。 めったに見ない光景なので、近づいてみると、なんと!湯気が!!! あるブログを調べてみたら、この牛ふんの発行する温度で『ゆでたまご』ができるとか。 これを畑に混ぜ込んで、作物を作る新たな栄養になるのですね。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

丸鋸で切っていた『材』は

このあいだ、丸鋸で切っていた材はなにになったのでしょうか。ほんとうに大したものではないんです、それは・・・・・。 石油ストーブを移動するためのキャスター付きの台車です。 これがあると、板の間の部屋なら移動が楽です。ホームセンターでは似たようなもので、樹脂製のものが『598円』でした。 この材料、板は持っていたもの、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『昭和のストーブ』の、壊れたツマミの行方

思案すること、一日、似たような金物を買ってきてガスであぶり、ツマミを溶かして付け替えてみました。 見てくれは悪いですが、うん、きちんと動きます。基本の作りに近い直し方がいいみたいです。 ちょっと見栄えが良くないので、革細工の切れ端でも手に入れて、ぐるっと巻いてみたいです。 古いものを持つには、マシンショップがいりそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『昭和の部品』がなかったので

先週、オークションで手に入れた、昭和のにおいがするストーブ。 出品者の方から、『芯の出方がきついから注意して』と言われていました。 確かにそうだったのですが、よく暖まるし、あまり気にしていませんでした。 しかし・・・消したあともニオイがあまり消えず、ポコポコ音がしてました。朝起きると、灯油が激減!! そう、芯を戻す時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイヤー・ファイヤー

日が暮れるのが早くなり、作物の収穫なども一息ついた頃には、暖をとりたくなる寒さになりますね。 木の枝を拾い集め、焼きいもをしたのはいつの日か・・・・・。 あたりが夕闇に包まれ、鳥たちがおうちに帰る頃、オレンジ色の明るい炎が辺りを照らし、 同時に作業でかいた汗が冷えないように体を温めてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昭和の炎はあったかい

ストーブを買いました、昭和の。オークションで。 芯はすぐに出ないし、灯油が芯になじむのに時間がかかって点けてみたら煙がモクモク出るし。 なかなか赤くならないし。 だけど、だけどだけど、それがいいな。 暖まり始めたらなんだか懐かしいにおいがする。 昭和の炎 SANYO OHC-47SC 石油ストーブ 落札…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い日の三日月

冬の寒い夜、月がひときわ明るく見えると、たいてい翌朝は真っ白な霜に一面 覆われます。 天気はだいたい晴れ。 いまごろは、まるで『CATS』のような月が、東の空に見えます。 キャッツ ― オリジナル・ロンドン・キャストポリドール 1998-11-30 アンドリュー・ロイド=ウェッバー Amazonア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身近なものからD・I・Y

丸ノコで板を切って2枚にしました。 さてこれからなにを作ると思いますか? ちなみにホームセンターでは、この簡単らしきものが『598円』で売っておりました。 これは作るしかない! お楽しみに!!(本当にたいしいたものではないです。) アサヒペン PC上級万能用刷毛 水性用ハケ 70…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モニターを壁に掛けてみた

ここの壁はボード仕上げなので、ボードの向こうは中空です。なので、ボードアンカーを使い、壁の補強に薄めのベニヤを一枚取り付け、モニター側にはL字型の金具を仮に取り付けてみました。 簡易的に輪環を付けて、ビスに引っ掛けておしまい。基本、このアイデアでよさそうです。 最近の液晶は薄くて軽いので、もっと手軽に壁掛けができそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リサイクルパソコンの活用

光回線にしたときに、リサイクルパソコンも申し込みましたが、その後使い方をいろいろ考えました。 結果、リビングのテーブルの壁にモニターを掛けて、打ち合わせや、何かをみんなで一緒に観るのに活用することにしました。 壁掛けにするには、モニターの重さや、壁に対する強度の関係で、専用の金具、アームやブラケットなどが必要と考えますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きれいな実が鈴なりに

畑パパ・ママのところには、幾種類かの果樹やバラなどが植えられています。 そのひとつ、キンカン(金柑)。中国原産なんだそうです。 咳や、喉の痛みに効く生薬でもあるそうです。よく砂糖につけた『砂糖漬け』を食したことがあります。 枝にいっぱい成ったキンカンはとてもきれいですよ。 ドライフルーツ金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もし『ふっつかよいファーム』に雪が降ったら

晩秋から冬にかけては、比較的晴れが続くものと思っていましたが、今年は周期的に変わっていますね。 昨日は雨で、今日はまずまずの晴れ、明日の予報は午後からおおむね雨です。 この冬は果たしてどれほどの寒さになるのでしょうか・・・? ここの畑に雪が降ると、だいたい写真のようになります。こんな日は、おこたに入ってぬくぬくした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の終わり 冬の始まり

昨日から、この冬最大級の寒波がやって来ましたね。底冷えする寒さ、その寒さの中に雪の匂いがします。 直売所の奥さんが『八王子で雪が降ったそうですよ』。 どおりで寒いわけだ。 天羽の方を通りかかったら、イチョウの木が木枯らしに吹かれて、その最後まで身にまとった黄色い衣装を、冬色に変えていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

匂いはきついけど

秋も深まると、いろいろなものが色づき始め、ここ『ふっつかよいファーム』の周囲も、葉っぱが朱色になったり、黄色くなったりして、それはきれいです。 散歩コースの途中にある、大きな銀杏の木から、落ちてくるのが『ぎんなん』。 これを集めるときは、ビニール手袋するか、炭ばさみで拾いましょう。手がかぶれなくて済みます。 あとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

順調な様子

味まさりほうれん草も、無事に成長を遂げています。 この写真は、芽が育ってちょうど小学校に上がるか、というくらいの年齢に該当するんでしょうか。 テキトーに無責任に言っていますので、さらっと読み流してください(笑)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほうれん草っぽくなってきた

さらに少し成長した、強健ほうれん草です。 まだ虫が喰っている感じではありません。 ほうれん草もいろんな食べ方ができますので、たくさん取れてもあまり困らないんじゃないかと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more