テーマ:写真

寒空に咲く寒椿

明日は夜にかけて関東上空にもかなり強い寒気が入り込み、また相当冷え込みがきつくなりそうです。 平野部でも雪がちらつくかもしれないと予報で言ってました。 インフルエンザやノロウィルスなどが蔓延しているようなので、うがい手洗いなど、心がけたいですね。 寒椿の花言葉は 「理想の愛」「謙遜」、赤い椿は「控えめな愛」「気取ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新しい 朝が来た』

ここの所、たくさん雨が降って、カラカラだった空気も地面も、幾分潤ったかな、という感じがします。 天気予報の注意報まで気が回らないのですが、昔は『異常乾燥注意報』がよく出されていて、このあたりでも『枯れ草火災』が頻発していました。 火の元には十分気を付けたいですね。 今日もいい天気になるといいですね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

LNGタンカーの夕べ

以前の記事で東京電力の火力発電所に来るタンカーをご紹介しましたが、より鮮明な画像が撮れました。 夜の帳も降りた富津埠頭、遠くにはオレンジ色の照明、なんとも幻想的です。 漆黒の闇に浮かぶ大きな船体。 こんな眺めを独り占めできるのもいいかもしれません。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グレースケールな風景

こんなに風景がある意味幻想的に見えるなんてステキなことかもしれませんね。 写真はもちろん無加工です。 灰色で埋め尽くされた中に浮かぶ富津市役所。 そおなかでも輝きを失わない太陽。 富津だからこそ、この風景があります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富津岬今昔物語 - その2

この画像は2006年3月4日に取得された画像のようです。 『Google Earth(グーグルアース)』の左下に『画像取得日』が記録されています。ちなみにその隣りの時計のマークの横の『年』をクリックすると、画面左上に現れ、そのメモリをスライドさせると、過去にさかのぼった画像を見ることができます。 これを見ると、数十年のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富津岬今昔物語 - その1

『岬』といえば尖っているイメージですよね。 ちなみにこのあたりの人は『尖っている』という言葉を『つっとんがってる』って言いませんか??? 少し検索したら、なるほど、言うみたいですね(笑) 『今昔』というには大げさですが、画像は富津岬の1974年の姿です。 この写真を見るとかつてここが『関東の天橋立』と呼ばれた由縁がわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の空に星が降り注ぐ街 - 富津

首都圏でこれだけ星がきれいに見えるところもそうそうないかもしれませんね。 この日ふっつかよいバザーが終わり、皆が家路についたあと、何気なく空を見上げると、満天の星空でした。 地面には、雪のようなあられがさーっと降った形跡もあり、冬を実感しました。 北斗七星が市役所の上に・・・・・ もっと空を見て歩いてみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市役所のある場所から眺めた富士山のパノラマ

ふっつかよいバザーに行く前に、久しぶりに青空が見えたので、急いで起きてカメラ片手に富津市役所へ行きました。 ご厚意によって、市役所内のとある場所から、富士山の眺めをカメラに収めることができました。 今日の写真は、複数枚撮影したものをパノラマ写真に加工したものです。 このような素晴らしい眺めを見ることができるなんて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それは突然現れた

ある日の夕方、散歩をしているとおおよそ西の方に、目を疑うような光景がありました。 まるで彗星のような、でも色がオレンジのような、赤い色なんです。 これ、なんだと思いますか? 実は飛行機雲なんです。 長く伸びていく飛行機雲に夕陽があたっているんですね。 このあたりは飛行機の通り道が見渡せることもあって、と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

市役所前から富士山を見よう

   夕食を食べながらニュースを見ていたら、夜10時の時点で八王子では数センチの積雪でした。 ここ富津でも雷が鳴り、外を見てみると、みぞれ混じりの強い雨。 夜半には雪になるのでしょうか・・・。 白い富士山が見られるといいですね。 明日の朝は凍結が予想されます。お車、足元、お気をつけてくださいね。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いっしょにぶら下がってみませんか

このあたりでモノレールと言えば、かつては『東京モノレール』を思い浮かべたかもしれませんね。 『東京モノレール』は、軌道にまたがつて走っていますが『千葉都市モノレール』はそれに比べたら、一風変わっています。 鉄道にもモノレールにもそれぞれ長・短所がありますが、どちらも関心を呼び起こすことは間違いないようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

線路沿いに咲いた可憐な花

久留里線のとある沿線にこの水仙の花が咲いていました。 変わったスイセンであることはわかっていましたが、調べることまでせずにいて。 画像検索で調べてみると『ガリル』という品種のようです。 ちなみにスイセンにはそれ自体には毒性があるのだとか。 犬や猫にはかじらせないほうがよさそうです(動物のほうが知ってるかも(汗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

htc EVOで写真を楽しむ

いまや携帯やスマートフォンのカメラ画質はデジカメと遜色ないですね。   初期の頃は、白黒やセピアでも喜んでいたものですが、今では『アプリ』なるものの登場で『効果』をたくさん楽しむことができます。 今日の写真は『au htc EVO WiMAX』のカメラ機能の中の『ソラリゼーション』という機能で撮影したものです。 異世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの雨がくれたもの

しばらく乾燥した天気が続き、砂埃が気になっていた今日この頃ですが、ようやく雨が降りました。 強い風を伴って、時折、音を立てて雨が降り、いくらか地面も湿っぽくなったかもしれません。 片付けをしながら、ふと窓の外へ目を見やると、東の空がうっすらと紫っぽくなり、月のあかりが透けて、黒い雲が勢いよく、右から左へと流れてゆきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士より高い送電線?

この時期ならではの見え方をする富士山。 よく見ると山頂あたりに雲があって、まるで雪か冷気で煙っているかのように見えることもあります。 今年に入ってまだ、全体的に白く見えることの少ないその姿ですが、厳寒を迎える2月にはきっと輝く白い姿を眺められることでしょう。 非常用飲料水 富士山麓の保存水 2L×6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、浅草へ行こう

ときどき東京へ行く機会があるので、今回は浅草寺に寄ってみました。 年末年始の喧騒と人の波は過ぎ去り、仲見世通りもスムーズに通ることが出来ました。 『ゆく年くる年』などを見ていると、元旦の浅草寺の境内には大勢の人々が賽銭を投げ入れお参りをしていますが、今日は100メートルほどの列が一筋、正面の賽銭箱に向かって伸びていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな水面の輝き

君津市と富津市の境に『郡ダム』があります。 静かな佇まいのこのダムは工業用水として使われており、その水は、実はここから遠いところにある、市内、天羽地区の湊川から取水されています。 ダム内に入ることはできませんが、周囲を散策するためのコースが設けられており、水面を眺めながら、ゆっくり歩いてみるのもいいかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海ほたるは魅力のスポット

アクアライン『海ほたる』はパーキングエリアです。サービスエリアとの大きな違いは、ガソリンスタンドがないことだとか。 日中、観光客で賑わうのはごく普通の光景ですが、夜がまた、とてもきれいです。 湾岸エリアがぐるっと夜景で囲まれていますし、羽田を離発着する飛行機の航跡がよく見えます。スカイツリーのライトアップだって見えますよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元旦の丑三つ時

元旦の富津の朝は曇り空でした。この冬の時期にはめずらしく、ストーブを消しても過ごせるような暖かさ。 夜には風が吹いて、ピューピュー音がしていました。 こんな夜には空の雲が流れて、シャッターを長めに開いて撮影すれば、幻想的な景色が撮れます。 みなさんは、正月三が日を、どう過ごしておられますか?早い方は明日からお仕事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイセンの美しい姿

この写真は昨年のものですが、このあたりでもちらほら、この素敵な花が咲き始めました。 近くに行くと明らかにスイセンの香りが漂っていて、咲いていることを思い出させてくれます。 この時期のスイセンは、ほんとに素敵ですね。 ニホンスイセン P10.5cm 50本セット 送料無料 【あす楽対応】トオヤ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『地獄』をのぞいてみましょう

ロープウェイは数分で頂上駅までたどり着き、そこからは徒歩で、移動します。 登山道さながらの道を歩いて行くと、参道の入口になります。そこで、中に入るためにお金を払い、森林浴になるような気持の良い細い道を進んでいきます。 最後にいくらか(?)息切れするような階段のある道を登り切ると、名所『地獄のぞき』が現れます。 こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市役所周辺の造成地をパノラマにしてみました

パノラマ写真を撮るには専用のカメラがありましたが、富士フィルムの『写ルンです』シリーズの中には、パノラマが手軽に撮れるものがありましたね。 今は広角のレンズが容易に手に入るようになり、広い景色もお手の物になりました。 今日の写真は実は5枚の写真が組み合わされて一枚のパノラマ写真になっています。 市役所の周辺の造成工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『生データ』で見る、浜金谷からの夕陽

Canon PowerShot S90 1/800 f/2.8 ISO 80 RAW カメラが好きな方なら、一度ならずとも『リバーサルフィルム』で撮影して、現像したときのその美しさが、ネガとは比べものにならないことに気付いた時、『これで撮りたい!!』と思ったかもしれません。 いまは、あまり見なくなったリバーサルフィルム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふっつかよいファームに訪れる、輝きと鳥のさえずりと

写真を撮るまでは、あまり気が付かなかった光景も、いろいろ観察したり、時間をとって接していくと、意外と身近なところに素敵な風景があることに気づきます。 この季節、朝陽が昇るころ、鳥たちのさえずりが聞こえ始め、少し高いところにはカラスが、さらにその上にはトンビらしき鳥がゆっくり飛び始めているのが見えます。 夏よりも弱いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴天には冬枯れた木が似合う

12月は雨が多かったのですが、ここのところ気持ちの良い晴天が続いています。 それでも天気は気まぐれ、昨日は収穫の作業をしていたら、急に風向きが変わり、寒い風が吹いたな、と思ったら、みぞれ混じりの雨が。 一時は視界が白く見えるほどになりました。 これからは、乾燥した晴天が続く季節。火の元には十分注意したいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『さあ、翼を休めよう』

羽田が24時間運営になってからか、飛行機が次々と通りゆくような気がします。 昨日撮ったこの写真は、確か夜8時前後と思われますが、ラッシュなのでしょうか、肉眼で5機ほどの飛行機のライトが確認できました。 そんな、休み場に向かう飛行機と、闇夜に佇む鉄塔。 まさに現代の『静と動』。 里山にはそれらをじっくり『観察』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然美と人工美と

いつのころからか、このいなかにもスラリと伸びた鉄塔がちらほら。 初めて携帯を持つことを考えた時、電波が届くかどうか、お店から貸出機をお借りして、エリアを確認したものです。 でも現在は、どこもかしこも携帯でやり取り。大きなデータもひとっ飛びのような時代になりました。 携帯のアンテナ、よく見るとどれもこれも違う形をして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の空を見上げてみれば

冬の寒さが厳しくなると、このあたりの空には特徴的な『雲』が現れます。 散歩していると、そのあまりにも素晴らしい、その美しさにこころ惹かれ、時間が経つにつれ変化するその姿に、時間が過ぎるのを忘れます。 もうすぐ今年も終わり。 空を見上げて、気持ちが洗われるようなひとときを、味わってみませんか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い日の三日月

冬の寒い夜、月がひときわ明るく見えると、たいてい翌朝は真っ白な霜に一面 覆われます。 天気はだいたい晴れ。 いまごろは、まるで『CATS』のような月が、東の空に見えます。 キャッツ ― オリジナル・ロンドン・キャストポリドール 1998-11-30 アンドリュー・ロイド=ウェッバー Amazonア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル気分で内房線

JR内房線は千葉駅を出発して起点が蘇我-安房鴨川までの119.4kmを走ります。 君津から先は単線で、列車の本数も極端に少なくなり、最終列車も君津からの下り線は23時19分と、これを逃したら、家へ帰れない可能性大です(2011年12月13日現在)。 君津からタクシーで帰ったことがありますが、痛い出費、帰れただけましですけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more