テーマ:植物

悲しい知らせ

富津市では市内の広報に関わる情報の一部を、メールで配信するサービスを行っています。内容は火事が発生した時やご老人が行方不明になった時などの、呼びかける情報、気象が悪い方へ急激に変化しそうな時の警報などとなっています。 このサービスに申し込んで半年くらいになるでしょうか、今までの中で初めて受け取った内容が、画像にある内容でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋らしい香りは金木犀(キンモクセイ)

朝なんとなく表に出てみると、どこからともなくいい香りが漂ってきました。庭を見回してみると、あれ?なんにもない。毎年のように香りを放つその木、『金木犀(キンモクセイ)』のそばに立つと、まだ花が開いてはいないもののすでに香りを放っていました。 今日になって出窓から外を見てみると、昨日の今日だというのにすっかり開花して、裏玄関から外…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今の季節に咲くから

庭に植えてあるヤマザクラの木が20輪ほど花を咲かせています。季節外れですよね。 一般的には『狂い咲き』と呼ばれるこの現象、単にこの木が、『季節を勘違いしたから』という理由だけでは無さそうです。 詳しいことはかもめさんのホームページにありますのでご一読ください。 例えば台風のせいで葉っぱが極端に落ち、その後寒く(涼し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夕顔って、食べたことありますか

ご無沙汰しております。 久々の記事が、なんとも間抜けな感じの写真に、いささか戸惑いを受けずにはいられないのですが(苦笑) 注目していただきたいのは両手に抱えた大きな植物。 『夕顔』って、食べたことはありますか? 畑パパ・ママが育ててみました。 『冬瓜』ならご存じの方もいらっしゃるでしょう。同じ仲間のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの時の台風の塩害はひどかった

先日、6月19日から20日にかけて千葉県あたりを襲った台風4号(『グチョル』という名前だったんですって!)は、通過後にとてもキレイな夕景をもたらしました(『強い台風が去った後』参照)。 ところが風景を喜んでいたのも束の間、その塩害と言ったらひどいものです。 写真の銀杏の木は台風の前まで、わかばが茂ってとても良い感じになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あめあめふれふれ 母さんが♪

ついに房総半島も梅雨に入り、今日は強めの雨が降り続いて、地面が潤っています。 畑パパの駐車場には、この時期ふさわしい『紫陽花』が満開です。 土中の成分によって色が変わるとも言われ、『七変化』と呼ばれることもあるようです。 美しさもさることながら、この花には実は毒があるそうで、食べることを考える方は今はそうそういない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベビーきゅうり!!

昨日未明まで続いた嵐のような天気はかなりの量の雨を降らせました。 そのせいかわかりませんが、国道127号線の金谷・明鐘隧道付近でがけ崩れ、通行止めになったようです。 夕方、様子を見ようと『ふっつかよいファーム』へ出てみると、なんと!!きゅうりが小さく育ち始めているではありませんか! 小さくても一人前の姿をしているんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ一年・・・ブルーベリー

『よく成るブルーベリー』とか言うフレーズで販売されていたブルーベリー。 この木は、なんの木の仲間だと思いますか? なんと、『ツツジ科』だそうです。意外でした。しかもこのあたりで栽培されているブルーベリーは背丈が1メートル以上あり、文字通りの薮に包まれている時期が長い気がしますが、ふっつかよいのブルーベリーは40センチほどと低…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラックベリーの花が咲きましたよ

昨年7月に苗を購入し、特に手もかけずにここまで来ました。 この冬はとても寒かったので、ときどき見に行ってはいたのですが、葉っぱもすっかり落ち、なんだもう、枯れてしまったのかな、と思っていました。 ところが春になって、忘れた頃に見に行くと、雑草の中に埋もれてしっかりと葉っぱが出ているではありませんか。 そして先日、薄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄せ植え

陽の光がキラキラしてくるこの時期、 エントランスを飾るべく寄せ植えをしてみました。 そしてそして 長らく使っていなかったこの自転車のかごにも三種類のアイビーを寄せ植えに。 『花かご自転車』を飾ってみました。 まだまだアイビーがちっちゃくて、 見た目が{%バッド(下向…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雨があがったら

降ったりやんだりしていた春の雨もようやく落ち着きました。 いくらかでも晴れが続くと外での作業もはかどり、帰宅すると心地よい眠気が待っています。 先日、別のところへバザーに出かけました。 その行った先に咲いていた たんぽぽ。 何でもないようなその景色の中に、これからやってくる、季節の移ろいがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散り際にこそ『花』らしさ

今日は一日中、猛烈な雨と風でした。 この春は嵐ばっかりの日々のような、そんな気がします。 当然のことながら見頃のピークを少し過ぎた桜の花は、この強い雨風で散り始めて、地面にその美しさを散りばめています。 花が散るのは はかない気がしますが、この時こそ美しさがあると感じます。 雨の中にも撮りたいものがあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天高く・・・タラの芽

春といえば、『山菜採り』ですよね。 近年ではやたら、山や田んぼに入ると、『私有地』だから怒られたりしますから、要注意なのですが、十分知っておけば、春の楽しみになります。 写真は『タラの芽』。 木 自体にはトゲがあってとっても痛いのですが、同じように木の芽にもトゲがあります。 けれどこれを天ぷらにすると『まいうー!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山桜が咲きました

気温が高めに推移するようになりました。 この間の大風で、梅の花が花びらとなってたくさん散り、今度はいよいよ桜の出番です。 ソメイヨシノよりもこのあたりに早く咲くのは『山桜』。 葉っぱが多めですが、それはまた、ソメイヨシノにはない美しさです。 もう少しすると、このあたりの山は、山桜がポヤポヤと咲き、濃い緑色の木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後ろ姿は 今だけのもの

花は、表からその表情を見て美しさを楽しむことができます。 でもちょっと、後ろに回ってみてください。 そこには見たことのない別の顔があります。 こうして並んで咲いているのを後ろから見ていると、華やかさの舞台裏を見ているような気がします。 なんだかかわいい感じがしますね。 【紀州…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どうしてその名前なのでしょう?

庭で写真をとっていると、日に日に春めいて、花がたくさん咲いてきます。 ここには、主に畑パパが植えた植木のほかに、畑ママが趣味で植えた花があって、これからの季節はとても色彩に富んだ、かと言って決して派手ではない庭を見ることができます。 さて、写真の植物、言わずと知れた『ボケ』ですね。 なぜこのような名前になったのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと出番がやってきました

3月も20日を過ぎ、夏に向かって日が長くなってゆきますが、朝晩はまだまだ寒いですね。 梅の花がようやく咲き始め、遅まきながらそのかぐわしい香りを振りまいています。 そばに寄るとミツバチが飛んでいて、ひっきりなしに蜜を集めているようです。 午前中は快晴で、青空がバッチリだったのですが、室内で写真を撮り、外へ出た頃にはすで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の匂い

今日は久しぶりに朝から気持ちのよい青空が広がりました。 連日、雨が降り、まるで嵐のような荒れ模様でした。砂地の畑に水がしみこまず、水たまりができていました。 もっともこれだけ雨が降れば、これからの畑の作物や、田んぼには十分、いや、必要不可欠なのでしょうね。 少し近所を散歩してみれば、もう冬が終わったことを感じます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな春

買い物から帰ってきて車を庭に入れると、ライトの灯りに照らされて、なにかがポツポツ。 すぐにそれと分かりました。 懐中電灯を持って一つ一つもいできました。 『ふきのとう』 ふきのとう味噌などにすると美味しいですよね。 よくアク抜きをしてご賞味ください。 確実に春が近づいています。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

寒空に咲く寒椿

明日は夜にかけて関東上空にもかなり強い寒気が入り込み、また相当冷え込みがきつくなりそうです。 平野部でも雪がちらつくかもしれないと予報で言ってました。 インフルエンザやノロウィルスなどが蔓延しているようなので、うがい手洗いなど、心がけたいですね。 寒椿の花言葉は 「理想の愛」「謙遜」、赤い椿は「控えめな愛」「気取ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

線路沿いに咲いた可憐な花

久留里線のとある沿線にこの水仙の花が咲いていました。 変わったスイセンであることはわかっていましたが、調べることまでせずにいて。 画像検索で調べてみると『ガリル』という品種のようです。 ちなみにスイセンにはそれ自体には毒性があるのだとか。 犬や猫にはかじらせないほうがよさそうです(動物のほうが知ってるかも(汗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枯れた季節に香る甘美な香り

用事を足しに向かった建物内に、うっすらと良い香りが。 ガラステーブルに目を向けると、ロウバイが生けてありました。 花弁が蝋のような梅だからそのような名前になったとか。 花言葉は「先導」「先見」「慈愛]「優しい心」「慈愛に満ちている人」だそうです。 クロバナロウバイ ホワイトドレス(PV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑パパが木こりになったとき

このあたりには『マテバシイ』という名のブナ科の常緑広葉樹が繁茂しています。 伝え聞いたところによると、公害に強いとか、葉っぱは脂分が多いので近くで火を燃やすな、とか。 小学生の頃、新日鉄の周りに植えるとかで、その実をドラム缶にたくさん集める行事があった記憶があります。 先日、このあたりのマテバシイの木を、畑パパが伐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイセンの美しい姿

この写真は昨年のものですが、このあたりでもちらほら、この素敵な花が咲き始めました。 近くに行くと明らかにスイセンの香りが漂っていて、咲いていることを思い出させてくれます。 この時期のスイセンは、ほんとに素敵ですね。 ニホンスイセン P10.5cm 50本セット 送料無料 【あす楽対応】トオヤ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新春の香り、放つ

冬になったばかりなのに、春の訪れには気が早い感じですが、実は季節は、早くも巡ってきています。 それをいち早く知らせる花、『水仙』。 この清楚な佇まいに、静かな美しさに目が向きます。 里山は、新しい春に向かって、少しずつ、冬を越えます。 花キューピットでお届け赤い花のギフト税込手数料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きれいな実が鈴なりに

畑パパ・ママのところには、幾種類かの果樹やバラなどが植えられています。 そのひとつ、キンカン(金柑)。中国原産なんだそうです。 咳や、喉の痛みに効く生薬でもあるそうです。よく砂糖につけた『砂糖漬け』を食したことがあります。 枝にいっぱい成ったキンカンはとてもきれいですよ。 ドライフルーツ金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真ん中が渦を巻き始める

ははぁ、なるほど。こんな風に、中心が渦巻き状になっていくんですね、白菜っていうのは。 やはり葉っぱが柔らかいのでしょうk、ずいぶんと虫がくってしまっています。 さて、60日白菜という名なので60日くらいでできるのかと思ったのですが、まだできませんね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は・・・『浜昼顔』

このあたりの砂浜には『浜昼顔(ハマヒルガオ)』という可憐な花が群生しているところがあります。 北は富津岬から南は新舞子、笹毛のあたりまでの海岸線に行けば、だいたい見られるかもしれません。 所によっては、砂浜への土砂の不法投棄や、海岸線への車両・人々の侵入などで足蹴にされ、その姿が見られなくなったところもありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の終わり 冬の始まり

昨日から、この冬最大級の寒波がやって来ましたね。底冷えする寒さ、その寒さの中に雪の匂いがします。 直売所の奥さんが『八王子で雪が降ったそうですよ』。 どおりで寒いわけだ。 天羽の方を通りかかったら、イチョウの木が木枯らしに吹かれて、その最後まで身にまとった黄色い衣装を、冬色に変えていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more