テーマ:鋸山

今のゴンドラは乗り納めになりますー鋸山ロープウェイ

先日、晩秋の鋸山に行ってきました。三連休ということもあり、たくさんの人出。国道127号線まで車が並んで待っていました。このゴンドラは昭和61年製造の『日本車両』のものです。26年も前なんですね。近くで見ると、潮風の影響もあってかそれなりに古くなっていました。 実はこのゴンドラ、12月に入ったら新しいものに架け替えられるんで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

石の街『金谷』でおもしろオブジェ発見

今日は久々の快晴!!海岸線を走るのも気持ちの良い天気でした。 金谷と言えば、鋸山、鋸山と言えば切り出された石材、街のいたるところに鋸山の石が用いられた塀があり、一本入った通りには、堂々とも言える石塀があります。 以前所用でフェリーを往復した帰り、電車に乗るために夜の金谷の街を駅まで歩きました。石に囲まれた感じがとても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『磨崖仏』って初めて知りました

富津市のことを色々調べていたら、『DEEP』なサイトに巡り会いました。その名も『東京DEEP案内』見るとなんだか怖そうな装丁です。しかし詳しく読んでいくと、この富津市内に『磨崖仏』と呼ばれる、もしかしたら1000年以上もむかしに岩肌に刻み込まれた仏像群があると記載されていて、なんだか興味がわきました。この記事のお陰で実際に『DEEP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸山で採れた石・石・石

ロープウェイを降りた展望台に、ここ鋸山で切り出された石が展示されていました。 砂をぎゅっと固めたような石たち。 建物の土台になったり、塀になったり、石垣になったり。 人の手によってたくさんの石が切り出されて、山が鋸の刃のようになる。 なんだか不思議ですね。 義若丸 深沢秀鳳印 改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸山山頂からの眺め

鋸山からはパノラマとも言える眺めを見ることができました。遠く海の向こうには伊豆大島、伊豆半島の天城山、横須賀、横浜、アクアラインなど、なかなかの眺めです。 眼下には浜金谷の小さな街並み、港から出港してゆく『東京湾フェリー』、山に飲み込まれるような感じで『富津館山道路』が走っていました。 この日の天気は快晴。抜けるような青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地獄』をのぞいてみましょう

ロープウェイは数分で頂上駅までたどり着き、そこからは徒歩で、移動します。 登山道さながらの道を歩いて行くと、参道の入口になります。そこで、中に入るためにお金を払い、森林浴になるような気持の良い細い道を進んでいきます。 最後にいくらか(?)息切れするような階段のある道を登り切ると、名所『地獄のぞき』が現れます。 こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に地獄をのぞきに行ってみませんか

そこは確か、お参りの場所のはずなのに、『地獄をのぞく』とはどう言うことでしょうか? ここは『鋸山』。富津市の最南部にあります。かつてこの山の石は建築用資材として用いられ、昭和50年代ころまで採石が盛んに行われていたとか。 いまは観光地として沢山の人々が訪れています。一緒に『地獄』を見に行ってみましょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more