秋らしい香りは金木犀(キンモクセイ)

画像

朝なんとなく表に出てみると、どこからともなくいい香りが漂ってきました。庭を見回してみると、あれ?なんにもない。毎年のように香りを放つその木、『金木犀(キンモクセイ)』のそばに立つと、まだ花が開いてはいないもののすでに香りを放っていました。

今日になって出窓から外を見てみると、昨日の今日だというのにすっかり開花して、裏玄関から外は金木犀の香りであふれていました。

Wikipediaを見てみると、『花冠は白ワインに漬けたり(桂花陳酒)、茶に混ぜて桂花茶と呼ばれる花茶にしたり、蜜煮にして桂花醤と呼ばれる香味料に仕立てたりする』そうで、なんともおしゃれな感じがしますよね。-『キンモクセイ』より。 

金木犀の香りをかぐとトイレの芳香剤を思い起こす世代も多いのではないでしょうか。今は金木犀の時代は去り、『ラベンダー』がその主流となっているようですよ。

みなさんはどんな香りが好きですか。もう少しすると、いろんなお宅のあちらこちらから、金木犀の香りがしてきて、車を走らせていると、、ふわっと香ってくる、そんな時期になりますね。








竹彩香りらくきんもくせい 50ml 【HTRC3】
大香
2011-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竹彩香りらくきんもくせい 50ml 【HTRC3】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"秋らしい香りは金木犀(キンモクセイ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント