伝説によれば

画像

少し調べてみると、ヤマトタケルが遠征に行った帰りに海を渡る際、大嵐に遭い、それを鎮めるために妻、オトタチバナヒメが海中に身を投げたことにあるようです。

その遺品の一つである『櫛』が、ここの地元の海岸に打ち上げられ、どこともなく現れた一頭の馬がこれをくわえて神社を駆け上がった、どうやらこれがメインのように感じられます。

写真はこの神社の境内へ通じる、その伝説の階段のようです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック